【研究成果】害虫がアリの足跡を避けることを発見

害虫がアリの足跡を避けることを発見

―厄介な害虫を天然物質で追い払える可能性を開拓―

矢野修一先生と京都工芸繊維大学の秋野順治先生らによる研究成果です。
ナミハダニとカンザワハダニが、アミメアリとクロヤマアリの足跡に残る化学物質を避けることを発見しました。

詳しくは、以下のプレスリリースを御覧ください。

https://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research-news/2022-10-31

論文は、下記にあります。

Yano S, Konishi M, Akino T (2022) Avoidance of ant chemical traces by spider mites and its interpretation. Exp Appl Acarol. https://doi.org/10.1007/s10493-022-00752-5https://doi.org/10.1007/s10493-022-00752-5

【論文】

卒業生の源さん、只津さんの論文にページがつきました。Shareable linkからどなたでもPDFをご覧になれます。

[続きを読む]